カテゴリ:よろず雑談、参加自由!( 12 )

2006年 01月 05日
あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いします。



さて・・・
帰省のためしばらく事務局を留守にしていまして、本日が「仕事始め」なわけです。
本年最初のお仕事はというと・・・
これが実に哀しいことに、あて先不明で返送されてきた10周年記念パーティ案内状DMのチェックでございました。
昨年末に127通発送したんですよね。
そしたら、年賀状に混じって24通も返ってきてました。ほぼ2割。。。。
まぁ、ある程度は覚悟してたんですけどねぇ。なんせ10年近く前の住所で出したわけだし。
返ってきたものは仕方ないんですが、悩ましいのは返ってきてしまった方々にどうやってお知らせするかってこと。
所属クラブとかを経由して口コミをお願いするしかないのかなぁと思う新年なのであります。
[PR]

by AR_giulia | 2006-01-05 09:12 | よろず雑談、参加自由!
2005年 09月 01日
早いものでもう9月
まだまだ暑さは残ってはいますが、早いものでもう9月。
ということは、今月末にはARcup第3戦が開催されるということです。
参加申し込みも、8月23日に締め切られてしまっています。

夏休みボケしてる場合じゃないです。
秋を迎えて、イベントシーズン突入です。
しばらくお休みしていた「事務局作業」を再開せねば!

そういえば、過去の戦績を整理してHPに掲載するという作業・・・・
すみません、7月末から止まったまんまですね。
何しろこのblog、8月のエントリーは0だし。んま、えっらいすんまへん!
[PR]

by AR_giulia | 2005-09-01 03:11 | よろず雑談、参加自由!
2005年 07月 17日
HP充実に向け準備中
第3戦は9月ですから、ここんとこ事務局は開店休業状態でして、暇々でございます。
それはそれでイイんですが、あんまりほったらかしというのもナンですし、それにblogなんてぇものは基本的に「日記」みたいなもんですからあんまり更新されないというのもナンでして・・・
とまぁネタがないのに書くのもツライわけですね。
で、無理やりなネタなんですけど、この暇々な時期を利用してHPを充実すべく、鋭意作戦準備中というご報告。
今回、用意しようとしてるのは、もちろんアレです、メニューボタンだけ用意されてて肝心の本体データのアップされていない項目。
とりあえずは、過去のレース結果なんぞを整理してみようかなと作業しております。10年分、一気に公開!なんてのが理想なんですけど、さすがに古いデータは散逸してしまってるようでなかなか見つからないわけでして、まぁ徐々にゆっくりぼちぼちのんびりまったりで、公開していきますので・・・思い出した頃にアクセスしてみてくださいませ。
[PR]

by AR_giulia | 2005-07-17 03:26 | よろず雑談、参加自由!
2005年 07月 04日
ヒストリックアルファのレース
現在行われているARcupの他にアルファロメオのワンメイクレースというと、アルファ・チャレンジってぇのがあります。
全国ネットで開催されていて、古いのから現行車種まで参加可能なもんで、ARcupは知らなくてもARCRは知っているって方も多いはず。
で、そのアルファチャレンジの関西シリーズなんですが、ヒストリック・クラスだけ単独枠で行われています。これ、グレートというか、喜ばしいというか。
開催サーキットも岡山国際サーキット(旧TIサーキット)で、アルファで走ると抜群に楽しいサーキットだし、実に「いい感じ」のようです。
なんでも、先日行われた2005年の第2戦では、29台のヒストリックアルファが競ったとか。
関西も、ヒストリックアルファが熱いようです。

参戦している方のHPやblogもいくつもあってなかなかの盛り上がり状況。
その中のひとつが、こちら。→No.28-1750GTV
ほんと、いい感じ。
[PR]

by AR_giulia | 2005-07-04 03:23 | よろず雑談、参加自由!
2005年 07月 04日
第1戦の写真もHPにアップしました
第2戦の写真を提供してくださったNakaharaさんが、第1戦の写真も送信してくださいました。
さっそく、HPのギャラリーにアップしました。
[PR]

by AR_giulia | 2005-07-04 02:58 | よろず雑談、参加自由!
2005年 07月 03日
お仲間Blogご紹介
Giulia Superにお乗りの方からメールをいただきました。
「日本一の105系ブログ・リンクを目指しています!」とのこと。
アドレスはこちら↓
http://giuliasuper.jugem.jp/

Blogのタイトルは「Go! Go! Niagara」。
ん?ナイアガラ?
しっかりと「A Long Vacation」のジャケット写真が載っていたりして、
一瞬懐かしく思ってしまいました。
学生時代に聞きまくったアルバムのひとつだったもので。
(掲載写真は20th Anniversary Editionなので厳密には違うものなんですが・・・笑)
「さらばシベリア鉄道」、また聞いてみたくなりました。
[PR]

by AR_giulia | 2005-07-03 17:28 | よろず雑談、参加自由!
2005年 06月 25日
写真も見たいですよねぇ
このBlog、およびARcup Official Web Siteの管理人は、なんとデジカメをいまだに持っていません。ケータイにカメラ付いてるんだけど、うまく使えません。(めちゃぶれまくってまともな写真になりません)
てな具合にデジタル画像素材方面がめちゃ貧しい状況なもんで、BlogにもHPにも写真が無いわけです。
でも、写真、見たいですよねぇ。
見たい!(=載せたい!)

ふふふ、お仲間さんから写真提供してもらいました。
現在、HPに掲載すべく新メニュー追加作業をしております。乞うご期待!
(HTMLファイルも、実はテキストエディターで手打ちなもんで・・・けっこう時間かかります。PC環境も、ヒストリックなんですよ。徹底的なこだわり!・・・アホやね。ビンボーなだけやん。)
[PR]

by AR_giulia | 2005-06-25 12:27 | よろず雑談、参加自由!
2005年 06月 22日
さらに、お仲間HPご紹介
第1戦の様子が紹介されてるHPです。
ARcup Official Web Siteへのリンクを貼ってくれてるので以前から存在は知っていたんですが、ここで紹介しちゃいましょう。
http://www.wrc.jp/blog/archives/arcup/

冒頭の黄色い24番車、古くからのお仲間の小森選手の車ですね。
それに2枚目の写真、スタート風景を1コーナー奥から撮ったもの。お約束のアングルなんだけど、かなりかっちょいいじゃないですか。見てるだけで、また走りたくなりませんか?

さてさて、24番車の写真が出てるので「GTAm」ネタを少し。
この24番車、オーバーフェンダーを装備してGTAm風のモディファイがしてあります。外観だけでなく中身もそれなりに手の入った立派な「レーシングカー」です。
が、しかし。
現在のSCCJルールでは、後付のオーバーフェンダーは許されていませんからグリーンフラッグとか耐久レースとかには参加できないんですよ。ARcupだけは「Rクラス」ってことで参加できるんですけど。
(規則書をよく読むと分かりますが、ARcupのRクラスって、「なんでもあり」なんです。)

今回の第2戦でも、GTAm風にモディファイされたGT1300junior(88番車)が出走されてました。
本物GTAmならDクラス、レプリカならRクラスという判断をする必要があったわけです。
で、この88番車、車台番号からイタリア・アルファロメオ本社のムゼオ・アルファロメオに問い合わせまでして確認したんですが、ジュニアの改造車でした。ということは、GTAmレプリカなので厳密には「後付オーバーフェンダー」に該当しますから「Rクラス」ポイント対象外ということになります。
でも、「Dクラス」としてポイント対象にしようという事務局判断をしました。
つまりは「車輌改造規則に違反してない」という判断をしたわけで、厳密には事務局自身が規則を無視したとも言えるわけで・・・ほんとは良くないことなんですが。
その理由はというと・・・
だって、GTAmが、たとえレプリカであっても、ちゃんと競技に参加して走ってる姿っていいじゃないですか。
それに、問題なのはオーバーフェンダー&ワイドホイールだけであって、他の部分は2000エンジンに換装したジュニアなんですよ。なので、他のDクラス車輌と競うことに何の不公平も問題も無かろうと判断したわけです。

というわけで、来年の規則書には「GTAmレプリカ」についての項目を追加しなきゃねと事務局は考えています。
ARcupはヒストリック・オリジナルを重視して、オリジナルでこそ達成できるイコールコンディションでの「真剣勝負」を目指したいと思ってるわけで、その主旨に「GTAmレプリカ」は沿っていると思うのですよ。
車を売買する時などのように、博物館的な価値を問う時には、本物かレプリカかって大問題なんでしょうが、ARcupでの「競争」では、むしろいかに楽しく一生懸命競争が出来るかってことの方が重要ですしね。
[PR]

by AR_giulia | 2005-06-22 17:23 | よろず雑談、参加自由!
2005年 06月 22日
またもやお仲間Blogご紹介
ちょいとぐぐってみるといろいろ見つかるもんですね。
ロボットくんのおかげで便利になりました。(怖くなりました・・とも言えるんですが)
今回は、こちら。
http://hide-n.blogzine.jp/esse/2005/06/

ARcupで着順1位でゴールされた56番・佐藤選手が紹介されております。

ジュリアをベースにレーシングカーを製作しようと思ってる方、この56番車は参考になるやも。
やる気になればここまで出来るのか!という車です。何しろ機関・駆動・制動・懸架・操舵・車体とどの部分についても手が入っていて、オリジナル・ジュリアの部品はどこに?と探してしまうほどです。とにかく改造・改良できることは全部やる!という路線ですね。
一方では、オリジナル・ジュリアの特徴や個性、時には欠点(?)にまでこだわってレーシングカーに仕立てていくという路線も存在します。
両方の路線の車ともARcupで走っていますから、パドックで見比べるのも面白いかもです。

ところで、ナンバー付きオリジナルを重視してるARcupのルール上では、残念ながら56番車はRクラス、ポイント対象ではないんですね。
この56番車を始めとして今回のARcupでもRクラスが4台も出走していました。
Rクラスの賞典についても何か考えた方が良いのかなぁと思う今日この頃ではあります。
[PR]

by AR_giulia | 2005-06-22 15:36 | よろず雑談、参加自由!
2005年 06月 21日
ポイント獲得の王道といえば・・・
いたずらに速く走ることを目指すより、確実にチャレンジポイントを獲得していくのがARcupにおける勝利への王道なんですよね。「自己目標の達成」こそがARcupのメインコンセプトのひとつですから。
個人それぞれの楽しみ方は様々なので「ひたすら速く!」に徹する喜びも大歓迎ではありますが。

なので、例えば「Sタイヤ」なんてものは必要ではないんです、ARcupの主旨から言うと。
ごく普通の、町中で普通に使ってるタイヤで十分なんです。そのタイヤで走れるタイムを少しづつ上げていく・・なんて展開が、まぁ最もARcupらしい状況とも言えるわけです。
ただ実態としては、みなさんSタイヤですよね。なので、ごく普通のタイヤの方が「混走する」ことになると、それはそれで事務局は気を遣うことになるのは確かです。何が危険といって、極端に速度差のある車輌の混走ほど危険なものはないですから。とはいえ仮に混走になったとしても、ARcupは安心して走れると思いますよ。なにしろ「いつものメンバー」が大半を占めるわけで、得体の知れない誰かと勝負してるわけじゃないですから。

それと、もひとつ蛇足的タイヤ・ネタ。しょぼいラジアルで走るのって、これがすごく楽しいんですよ。実は。
もちろんタイムはそこそこしか出ません。んが、しかし。コーナーを攻める喜びというか充足感というか達成感というか、そういうのは、むしろSタイヤよりも格段に大きいとも言えるでしょう。

いつかどこかで、サーキット走るなら普通のラジアルじゃ危ないからSタイヤが必要みたいな話をしてる方が居ました。ヒストリックレーサーの製作もしてる車屋さんの発言なんですが・・・これ、逆ですよね。
普通のラジアルで走って危険な状況になる車もしくは運転手であれば、そりゃSタイヤを履いて走っちゃもっと危険な目にあうような気がします。
[PR]

by AR_giulia | 2005-06-21 22:33 | よろず雑談、参加自由!