2006年 10月 02日
第3戦までのポイント集計表、掲載しました
第3戦までのポイント集計表をPoint Rankingに掲載しました。

第3戦までの合計ポイントでトップを走っているのは、ゼッケン86番/根岸選手。
GT1300Jr.(しかも1300ccエンジンのまま!)で着実に走りチャレンジポイントを積み上げて75ポイントを獲得。もしこのままトップをキープすると、ARcupが始まって11年目にして初めての1300ccエンジンのチャンピオンということになります。

根岸選手を追って、71ポイントで2位につけているのは、ゼッケン15番/坂入選手。4ポイントの差なので、第4戦の成績如何では十分に逆転が可能。もし逆転に成功すれば、3度目の年間チャンピオンということになります。

3位につけているのは、55ポイントのゼッケン7番/町田選手。1、2位とポイント差がついてしまっていますが、ノーマルタイヤ装着車がチャレンジポイント1位を獲得すると30ポイント獲得可能なので逆転の可能性がゼロではありません。(とはいえチョット厳しいかなぁ)
[PR]

by AR_giulia | 2006-10-02 19:08 | HP更新&事務局からのお知らせ


<< 第4戦、お疲れさまでした      第3戦、お疲れさまでした >>